第13回愛知県医療ソーシャルワーク学会を開催するにあたって

学術集会長 挨拶 

国家公務員共済組合連合会 名城病院  小林  哲朗 

(愛知県医療ソーシャルワーカー協会  会長)

 

 「MSWのなすべきこと~新時代への問いかけ~」を大会テーマに第13回愛知県医療ソーシャルワーク学会を開催します。

少子高齢化社会の中で、病床機能の分化と在宅医療の充実、連携強化による新たな医療提供システムの構築が進められています。このため医療ソーシャルワーカーには、これまで以上に連携と地域での様々な社会資源とのネットワーク構築が求められるようになりました。これは従来から私たち医療ソーシャルワーカーが実践する中で獲得してきたいわば得意としている領域でもあります。

同時に、クライエントの価値観や生活の仕方が多様化し生活課題も複雑化している中で、認知症や癌などの患者の意思決定支援が必要であったり、貧困や虐待などの権利擁護が必要なケース、家族関係への働きかけやいわゆる保証人不在者への支援など、臨床倫理にたずさわる専門職として解決に向けた積極的な取り組みが必要な時代を迎えています。このように医療ソーシャルワーカーが社会的使命を果たすためには、クライエントの思いを聴き、かなえる、そして生活の場である今とこれからの地域のために何ができるのか、ディスカッションを深めるきっかけになれば幸いです。

今回の基調講演は、幸運なことに、日本福祉大学の二木立先生にお願いすることができました。「今後の医療・福祉改革とソーシャルワーカーの役割」というテーマをいただいています。まさに私たち医療ソーシャルワーカーが、新時代に向けてなすべきこと、大会テーマにも通じるものであることを確信しています。

分科会では、多・他職種連携の中での医療ソーシャルワーカーの役割、終末期医療や緩和ケアへの取り組み、退院支援の評価や情報共有ツールの開発、いわゆるダブルケアや障害者への支援、DV被害者や虐待への組織的対応と医療ソーシャルワーカーの視点など、現場最前線の様々な領域での実践報告があります。ぜひ、参加いただき活発な意見交換をしていただきたいと思います。また、情報交換ブースも昨年より多くの企業等の出展があります。同時に、会員のみなさんが、普段の業務など語りあう場にもしていただければ幸いです。当協会の会員数も増えました。将来的には本学会でも教育講演やシンポジウムも行いたいと考えています。

ご後援をいただいた関係機関の皆様に感謝申し上げるともに、本学会が新時代に向けて実り多い学会となりますことを祈念して、開催のご挨拶とさせていただきます。

 

運営委員長 挨拶 

JA愛知厚生連 海南病院  末藤  和正

(愛知県医療ソーシャルワーカー協会  事務局長)

 

第13回愛知県医療ソーシャルワーク学会の開催にあたり、愛知県、名古屋市のなどの行政機関をはじめ、医師会、病院協会、看護協会、療法士会、福祉士会など多くの関係機関や関係者の皆さまにご後援いただきまして、深く感謝申し上げます。

 2018年診療報酬・介護報酬の同時改訂が間近となりました。その事前情報を聞く限り、医療と介護の連携を促進させる項目がいくつも盛り込まれています。これは、2025年問題に耐えうる地域包括ケアシステムを目指しているためですが、すでに我々関係団体は協働して連携を促進してきました。医師会に配置されたMSWがいます。看護協会と合同研修を開催しています。セラピストと退院支援システムを洗練させています。福祉士会と市民啓発しています。行政の地域づくりに参画する機会が増えました。他にも、薬剤師会、歯科医師会、栄養士会、法曹界、介護事業所、市民団体など、多種多様な領域の皆さまと協働しています。

 しかし国は、すでに2040年の多死の時代、さらには2100年の人口半減時代への対策を見据え、ニッポン一億総活躍プランを打ち出しています。ここでは、障害者やがん患者の活躍支援、レセプトデータや予防サービスを活用した健康立国、地域共生社会の実現、高齢者の就労促進、働き方改革など、医療と介護のみならず、さらに多くの業界が協力した取り組みを求めています。

医療ソーシャルワーカーに対する期待は高まっています。我々医療ソーシャルワーカーは、この度ご登壇いただく日本福祉大学 二木立先生の基調講演で示唆されることをもとに、医療ソーシャルワーカーが成すべきことに取組みます。ただし、我々が得意としていることがどれだけあっても、我々だけで作りあげられるものではありません。関係者の皆さまの益々のご支援をお願いいたします。